LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kiss-cutiecutie-02

キスをすると心が休まり癒されますよね。実はキスには心だけでなく健康にもよいということが科学的に証明されています。大切な人とキスをすることで美容効果に健康的になることも可能です。今回はそのキスによる健康効果についてまとめます。

 

スポンサーリンク

 

免疫力が上がる

キスは唾液を交換します。なのでキスをすると相手の口にいる最近と自分の口の最近を交換得ることになります。虫歯なども映りますが細菌を交換することで免疫抗体の活動が活発化するため体の自己防衛機能が働き、体の中でその細菌に対する抗体が作り出されるため結果的に免疫力が向上するのです。

 

アレルギーに強くなる

kiss-cutiecutie-02

キスを30分続けると、アレルギー症状を引き起こす「ヒスタミン」を抑制するようになります。これは風邪薬が鼻水や咳をおさえる効果と同じです。ただ、お互い免疫力が弱っていると風邪がうつったり、感染する可能性があるので注意が必要です。

 

ストレス解消

短いキスではなく20秒を超える長いキスをするとストレスが解消することがわかっています。キスをすることでランナーズハイになる脳内物質であるエンドルフィンが分泌されるため不安を和らげ幸福感が湧いてくるだけでなく痛みがある場合はその痛みを緩和させる効果があります。

 

長生きする

kiss-cutiecutie-04

ある研究結果によると毎日行ってきますのキスをする男性はしない男性よりも5年長生きをするという研究結果があります。毎日キスをすることで交通事故に遭う確率も大変低くなり年収も30%多くなるようです。また狭心症を起こす確率もかなり下がるようでキスの効果はかなり健康に貢献していると言えます。

 

ダイエット効果がある

ディープなキスを1時間すると約400kcalのカロリーを消費します。キスは全身運動のため自転車をこいだり、ウォーキングに匹敵するだけのカロリーを消費します。もしかして痩せている女性はたくさんキスをしているのかもしれませんね♪

 

美顔になる

kiss-cutiecutie-03

上にも書きましたがキスは全身運動のため普段使わない顔の筋肉も使います。そのため顔を引き締める効果として働き美顔効果が期待できます。研究者らによると、キスすると30の筋肉を使っているようです。

 

さいごに

キスにはたくさんの良い効果があります。ただ、赤ちゃんにはキスはよくありません。まだ免疫力が弱い赤ちゃんにキスをすることは細菌をたくさん感染させることになるので病気になったり単純ヘルペスウイルス(HSV)や口唇ヘルペスの原因となりますし歯周病は感染症なのでキスで伝染ってしまう可能性があります。これだけを気をつけて大事なパートナーとたくさんキスをしましょう♪

 

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket