LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

cutiecutie_kaminoke_nayami_01

梅雨の季節や雨の日は女性にとって少し憂鬱ですよね?髪の毛が広だったり飛び生えたり、朝、頑張って整えてもいつの間にか爆発していたり崩れたりすることがよくあります。そんな悩める髪の毛の対策を銀座のヘアサロンRamieさんで聞いた対策方法ををここでは紹介します♪

 

スポンサーリンク

 

なぜ湿度が高かったり雨の日に髪の毛が崩れるの?

結論から言うと髪の毛の表面のキューティクルが傷んでいるからです。

キューティクルは紫外線やドライヤー、パーマや毛染めなどの日常生活のダメージで傷んでいきます。

 

キューティクルは髪の毛の水分を保ってくれるだけでなく、外からの水分を吸収しないようにする効果があります。

そのため、キューティクルが傷んでいる状態では、外からの水分を吸収していしまうため、髪の毛が崩れるというわけです。

 

雨の日の髪の毛の崩れを改善する方法は?

ずばり!髪の毛のダメージを減らすことで改善されます。

 

これは普段の日常生活で正しいケアをすることで改善することができます。

例えば、よくやってしまいがちなことを上げてみます。

  • 髪の毛を乾かさないで寝る
  • 髪の毛が乾いていないのにブラッシングをする
  • ドライヤーは頭皮を乾かすように使う
  • ドライヤーの乾燥後は冷風モードを使う

 

まず、絶対にやってはいない行為は、

髪の毛を乾かさないで寝ることと、

髪の毛が乾いてないのにブラッシングをすることです。

 

髪の毛が濡れた状態はキューティクルが弱く、開いている状態です。

そのため枕と擦れてキューティクルが剥がれ落ちてしまいます。

 

また、髪の毛が乾いてないのにブラッシングすると、

髪とブラシとの摩擦でキューティクルが剥がれ落ちてしまいます。

 

キューティクルが剥がれるといくら高級なトリートメントを使っても

閉じ込めておくことができないため効果がなくなってしまいます。

 

具体的なヘアケア方法をご紹介♪

しっかりとシャンプーとコンディショナーを洗い流す

シャンプーもコンディショナーも丁寧に時間をかけて完全に洗い流すことが大切です。

 

ほんの少しでもすすぎ残しがあると、髪の毛だけでなく頭皮にも負担がかかり、

キューティクルにダメージを与えるだけでなく、頭皮の痒みやフケの原因になります。

 

まずはタオルで水分を吸収する

cutiecutie_kaminoke_nayami_05

ここらは具体的な方法を紹介していきます。

 

まずは、濡れている髪の毛はタオルで髪の毛を

挟み込んでポンポンと優しく水分を吸収して上げて下さい。

 

この時に意識することは、頭皮の水分もとってあげることです。

そうすることで確実に髪の毛をかわかすことができます。

 

タオルで強くこするのはキューティクルを剥がすことになるので絶対にNGです!

 

 ドライヤーで乾かす

cutiecutie_kaminoke_nayami_03

タオルで髪の毛をある程度乾かせたらドライヤーを使います。

 

ドライヤーはあまり髪の毛に熱を当てすぎるのはNGです。

あまり熱を当てすぎるとキューティクルが傷んで開いてしまいます。

ドライヤーを動かして髪の毛全体と頭皮を乾かすイメージで使うのが正しいです。

 

髪の毛が乾いたら最後はドライヤーの冷風、COOLモードを使って

髪の毛を冷やしてあげてください。

 

こうすることで開いていたキューティクルが閉じて、髪の毛の成分を閉じ込めてくれます。

ほとんどの方は冷風モードを使っていないのがもったいないとおっしゃっていました。

正しいブラッシング

cutiecutie_kaminoke_nayami_02

ブラッシングは他のどの工程より一番重要です。

キューティクルの状態に一番影響し、艶がでるか出ないかが分かれる部分です。

 

ブラッシングは地肌からとかすのではなく、

毛先から少しずつ髪をほぐしながらとかしていくのがポイント。

 

毛先を梳かしたら段々と根本に近い髪の中央あたりから髪全体を梳かします。

それができたら根本を梳かすようにします。

 

ブラシを早く動かすのはNGです!髪同士が擦れてダメージを与えてしまいます。

もし髪に艶がないことが悩みだったらブラシの使い方が原因かもしれません。

 

ブラッシングの力はやさしく、

頭皮が気持ちいいと感じる程度の強さを心がけます。

 

ブラシが根本から先までスーッと抵抗なく通るようになったら完了です。

もし豚毛ブラシをつかっていたら木製ブラシのほうが頭皮と髪にやさしくなります。

 

ケア用品でケアすることも大切

tuyakami-care-01

ヘアケア用品で基本的にはケアが必要で、

「キトサン」がたくさん含まれているAYAKAMIエッセンスをおすすめされました。

 

「キトサン」はダイエットサプリとかにも含まれている成分で

キューティクルの生成に必要なものです。

 

年齢とともにへってくるの でケア用品で取り入れる必要があると言っていました。

このAYAKAMIエッセンスはキューティクルを与え、ハリコシのある髪へ導いてくれるのが売りになっています。

キューティクルの補修とともにコシとハリがある美しい髪になる天然ローズが含まれています。

 

AYAKAMIエッセンス

キューティクルの補修に大切なミネラル成分を豊富な「海藻エキス」や、

破損した髪の組織を補修する「ヘマチン液」が配合されているので頭皮に潤いを与え、

 

状態のよいキューティクルに補修してくれるという仕組み。

産後の髪のトラブルや薄毛に悩む女性にも効果があるそうです。

 

詳しくはAYAKAMIエッセンスの公式サイトも見てみて下さいね♪

 

いかがでしたか?

今回のこのケア方法で「そうだったんだ!」と思った方も多いと思います。

プロ直伝のこの方法で雨の日でも崩れない艶のある綺麗な髪を手に入れましょう♪

 

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket