LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20150722172901

私の周りには子供を出産して、子育てをしながら仕事をしている人がたくさんいます。子育てしていると送り迎えが発生するので一般的な勤務体系ではなくフ レックス出社&時短での勤務になっています。働く時間が短くなっている分当然職場のメンバに迷惑をかけることになりますがそれを最小限に抑える目にいろい ろな工夫をされています。ここでは子育てをしているという負担がありながら成果をだして仕事をするためにはどうしたら良いのか、効率のよい仕事の仕方を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

16chart-1

今の日本の現状を見ると共働き世帯は年々増えています。今の日本の現状では約7割の女性が出産を機に退職をせざるを得ない状況で多くの会社で働き方 の改善が行われています。今後ますます育児・介護と仕事を両立する従業員の割合が増え時間に制約のある従業員が多くなることがわかっています。

 

仕事の優先順位の決定

一 日の勤務時間が短いのですべての仕事をダラダラとやることはできません。しかしやるべてき仕事はあるので優先順位をつけて仕事をしています。優先順位の一 番高いものは、今るべきことかつ価値が多く発生する仕事。逆に優先順位は低いものは、締め切りまでに仕事があって価値があまり発生しないものです。このよ うな優先順位をつけることで短い時間でやらなくてもいい仕事をふるいにかけて今やるべき仕事を全力で取り組むので短い時間で大きな成果を生み出すことがで きています。

 

周りの人のサポートを受ける

仕事は一人でやるものも当然ありますが、会社という仕 組みからほとんどが複数の人で協力してやるものになっています。たとえば一緒に仕事をしている人と良い関係を築けていないと上司に相談しても話にならない 場合があります。なのでまず一緒に仕事をする人との人間関係は円滑に仕事ができるように大事にしましょう。たとえば子供は風邪をひいたり怪我をしたりで病 院につれていなかければならないことが必ず起きます。その場合は周囲の人とよい関係が築けていた場合は自分の分の仕事をカバーしてもらうことができるよう になります。勤務時間が短くなっているので少なからず他の人が自分のやれなかった分の仕事をフォローしていることになります。普段から感謝の気持ちを忘れ ないよにすることが大切です。

たとえば、子供が大きくなったら会社に連れて行ってみんなに紹介して抱っこさせてあげるとかするとさらに周りの人との関係が良い物になります。

 

無駄なことは極力しない

た とえば仕事を行う上での大きな無駄といえば社内ミーティングがありますよね。対して結果もでないのにだらだらと話し合っているだけのミーティングであれば 参加しなくても良いと思います。子育てをしている女性社員はそのような無駄なミーティングに参加しないように徹底するとよいでしょう。あとで結果だけきけ ば良い話ですからね。

ただ、ミーティングには情報共有と議事録を確認して自分に関係がありそうなところは上司と相談しながら処理しておきましょう。そうすれば周りの人に迷惑をかけることが少なくなるので仕事がしやすくなります。

 

使える時間を大切にする

上 記でかいているとおり、子育てしている女性社員は絶対的な時間が少ないです。一般社員と比較しても一日で2〜4時間勤務時間が少ないことになります。ただ 会社の一員として短い時間でも仕事の成果を求められるため時間管理を徹するようにすることが大切です。実際に成果を出している女性社員の場合は、スケ ジュール帳に本当に必要な日程だけ入力し、成果のでない仕事は極力しないようにします。スケジュール管理が大事な理由は今日一日で実施しなければならない ことが明確化されていて無駄なタスクやオーバーヘッドを発生させないためです。

 

会社によってはキャリアの中断が心 配で結婚ができないような自体を避けるために育児休暇や育児精度の充実が図られていて子育てをしながらキャリアも積んでいけるような仕組み作りがされてい ます。育児休業は法律で定められていますし、出産したら、育児休業を取るだけで退職を迫ったりあからさまに閑職に回すような会社は少なくなっています。在 宅勤務、短時間勤務、フレックス、仕事の分担精度などが整っている会社を選ぶことも大事ではないかと思います。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket