LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

mac-jyosei

社会人は毎日の仕事に追われてなかなか勉強をする時間を取れませんよね。私もそうでしたが佐藤孝幸さんの仕事と勉強を両立させる時間術という本に出会ってから考えが変わり、取得したい資格を取れるようになりました、本から学んだことをここでは紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク

 

時間を大切にする

仕 事が終わって疲れて帰ってくるとなにもやる気がおきまんよね。だらだらしてしまいがちですが時間はあっという間に過ぎてしまいます。特にテレビとかつけて いるとあまり得られるのもはないのに時間だけがあっという間に消費されます。時間は有限なのでゆっくりして体を休ませる時間を持ちつつ勉強するときは集中 して勉強すると良いと思います。私の集中出る時間は朝5時〜6時と0時〜1時なので朝は早く起きて勉強して寝る前の一時間を勉強に当てるようにしていま す。誘惑になりそうなスマホやゲームや漫画は机の遠くにおいておきましょう笑い

 

言い訳をしない

計 画通り一日の問題集が進まないとか集中できないとか有ると思いますがそれを環境のせいや仕事で疲れているからとかの言い訳をしないことです。言い訳を考え るくらいなら一秒でも勉強に取り組む時間に当てたほうがいいと思います。目の前の問題から逃げれば逃げるほど合格は離れていきます。細かいことは気にせず に集中しましょう。本当に集中しているときは環境や周りの騒音とかも気になりなくなります。

 

合格するには条件がある

試 験に合格する人としない人の違いは大きく、勉強の質が悪い、勉強の時間が足りない、勉強の量がたりないの3つになります。いくら苦手な問題であっても後回 しにせずに集中力のある最初のほうの時間にやるとかにするといいと思います。結局後回しにしても最後にやることになるので集中力も落ちて疲れている時にや ると勉強自体が嫌いになってしまいます。あと合格できない人の特徴としていろいろな問題集をやって結局どの問題集も最後まで解けないというパターンが多い 気がします。大事なことは一冊で良いので選んだ問題集を最後までやりきってできれば2週、3週と繰り返すのが一番合格に近づく近道です。

 

計画を立てる

仕 事でもそうですが目標を達成するにはそのための道筋が必要です。その道筋となるものが計画です。勉強の計画を立てて管理していけば目標に向かって進んでい るのでいずれ目標を達成できます。計画通りに行かないことは多々あるのでその場合は計画を修正しましょう。計画をたてるときに大事なことは、現実的な計画 の内容であることと、計画の後ろ倒しになった時にも間に合うように余裕を持たせておくことです。計画を計画通り進行させるにはポイントがあってわかりにく い問題集や解くのに時間が多く必要な問題集はやめておいたほうが良いです。問題集は出版社によっていろいろ内容が異なるので自分がこれならできる!とお もった問題集を選んでやり切ることが大事です。

 

例えば、こんなかんじです。

ゴール: 仕事のために◯◯の資格を取りたい

目的: 財務処理の基礎知識を付け業務に活かすため

期日: 来年春まで

一日の問題集の進めるページ数: 4ページ

 

とかいう感じで立てるとよいでしょう。

あくまで一例のため自分のやりやすいようにカスタマイズしたらいいと思います♪

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket