LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hamigaki-01

食事した後に本当はいいと思っていしていることでも実は良くないということはよくあります。例えば一番有名なのは食後するに歯を磨くとエナメル質を削ってしまうから30分あける。などです。他にも食後すぐにやるとNGな生活習慣がいくつかありますのでまとめておきます♪

 

スポンサーリンク

 

食後すぐの入浴

入浴中の女性

食後はほどよく眠くなるためリラックスとしてお風呂に入りたくなったりしますが、実はすぐに入浴するのはよくありません。すぐに入浴すると英気が止まり、頴娃町の運動がとまるだけでなく胃腸の血液循環が悪くなるため消化不良を起こすことがあります。もし、お酒を飲んでいたら絶対に入浴は厳禁でが、食事後30〜1時間休息してからお風呂に入るようにしましょう。日本健康開発財団の研究によると入浴時、超音波で観察すると、胃腸の運動(蠕動)が停止することが証明されています。

 

食後すぐに寝る

hamigaki-03

これも有名ですよね。食べてすぐに寝ると牛になるとか、豚になるとか聞いたことがある人も多いはずです♪実際はこれは行儀が悪いからしてはダメであるということわざなのですが体に良くないことは事実です。

食後すぐに寝てはいけないと言われるのは多くの理由があって、まず体を横にすると胃の内容物が腸に届きにくくなります。例えば夜であれば食べてすぐに寝ると食べたものが脂肪として蓄積されるので太りやすくなりますし夜の睡眠にも影響を与え、眠りが浅くなります。なので食後は30分〜1時間休息してから寝るようにしましょう。

 

食後の運動

beautiful asian woman jogging in the park

食後の運動は良くありません。食事をした後にランニングなどをしている時に腹が痛くなったりした経験がある人もいるのではないかともいますが、胃の中に食べ物がある状態で運動をすると胃が揺さぶられるため痛みを感じます。これは、胃は食べ物が入ると胃に血液を送り消化活動を始めます。運動をすると当然筋肉に血液が必要になるため胃に必要な血液が減少してしまいます。しかし、体は良くできていて血液の貯蔵庫である脾臓の中の血液を使って足りなくなった分の血液を送ろうと活動をします。この時脾臓は血液を送り出すときに収縮をしますが、この収縮をする時に痛みを感じるというわけです。

今まで胃が痛みを出していると思っていたけど脾臓であるという正しい知識もつきましたね♪

 

食後すぐの歯磨き

hamigaki-01

食後するの歯磨きは歯の表面のエナメル質を傷つけるといわれています。どうしても食後口の中をきれいにしたい時は水や洗口剤で口をゆすいでから30分〜1時間の時間を空けてから歯を磨くようにしましょう。サイダーやコーラなどの炭酸飲料を飲んだ後は歯の表面のエナメル質が柔らかくなっているためまずは口を水でゆすいでおくことをお勧めします。効果的な歯磨きは、乾いた歯ブラシに水をつけないで歯磨き粉をつけてそのまま磨きましょう♪ 歯ブラシの毛先をしっかり歯に当て、歯ぐきではなく歯を磨くのが基本です。歯磨き後はひとくち分の水を口に含んで最低でも30秒はくちゅくちゅと口をすすいでからその後、30分は飲食をしないように気をつけると効果的です。

 

最近の歯磨きの認識が変わってきている

食後すぐの歯磨きがNGということが言われ始めたのは実はもう10年前になります。これは日本小児歯科学会が食後すぐの歯磨きをすると歯が溶けるという内容で情報を出したのですが虫歯ではなく「酸蝕症」に対してすぐに磨いてはいけないという意味あって普通に食生活を送っている人には当てはまりません。最近は30分経ってからというのは正しくなく、食後はできるだけ早く歯を磨いて口内の歯垢と細菌を取り除く方が重要であるという結論を出しています。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket