LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lgf01a201408062100

普段から自分の健康状態ってどのように確認していますか。なんか今日は化粧ののりが悪いとか血圧が高い、ヘアブラシに普段よりも多くの抜け毛がついていないかとかいろいろありますがどれもすぐにチェックできるものではありません。今回は目をみるだけでわかる健康状態のセルフチェックの方法を紹介したと思います。

 

スポンサーリンク

 

白目の部分の色

lgf01a201408130600

健康な状態は白目に濁りがなく白い状態です。

 

白目が赤い: 目の疲労、精神的なストレスの高まりによって血行不良になっている可能性があります。長時間のパソコンや労働をしているときはすこし休憩しましょう。目に温かいタオルを当てるのも効果的ですまぶたの裏も赤く、白目も割と鮮やかな赤になってる場合は結膜充血の可能性があります。

白目が黄色い: 肝臓や胆嚢の機能が低下している恐れがあります。いわゆる「黄疸」という現象で、肝臓内で作られる「胆汁」に含まれるビリルビンという成分が血液中に増加することによって起こります。ビリルビンは脾臓で破壊された古い赤血球の一部で、肝臓で水溶性に変化して胆汁の中に混ざります。肝臓病が原因で胆汁が腸へ排出されなくなり、血液中のビリルビン量が増加すると、粘膜や皮膚に沈着して白目が黄色い状態になったり、目だけでなく皮膚も黄色く染まっていきます。

 

目の周りの状態

gatag-00009353

目の周りの状態をチェックすること様々な体調をチェックすることができます。まぶたにハリがあり、適度な潤いがある状態が理想です。

クマができている: 目の下のクマの主な原因は血流不足です。これは暴飲暴食、タバコ、精神的ストレス、過労、夜更かしなど の生活習慣が原因で起こる場合がほとんどです。なのでもしクマを見つけたら最近の生活習慣を見なおして改善することをオススメします。

まぶたがむくんでいる: 肝臓や腎臓機能が低下している恐れがあります。同時に白目が黄色かった場合は間違いありせん。水分不足であったり前日の飲み過ぎが原因の場合があります。同時にノドが乾くとか、尿の色が黄色かったり出が悪い、足腰がだるいなどの症状があれば間違いありません。しばらく禁酒とコーヒーたばこを控えて水分を多めにとりましょう。

目の周りがくぼんでいる: 年齢によってまぶたや目の周りの脂肪が減るのでくぼみはできますがいつもの状態と比較してくぼみがあれば疲労がたまり、体全体の水分が不足している状態になっています。水分を少しずつ長時間とってあげましょう。しばらくはコーヒーなどの利尿作用のあるものの摂取は控えることをおすすめします。

ものもらいがある: 体の抵抗力や胃腸機能の低下している状態です。数日で皮下にうみがあらわれ、放置すると皮膚が破れてうみが出ます。主に細菌が原因なので、人から人へ感染する事はまずありません。汗やメイクなど、しっかりと落としきれていないと、細菌感染の原因となってしまいものもたいができたりします。また、汚れたタオルで目の周りをこすると、ものもらいの原因となります。ソフトコンタクトレンズも細菌が繁殖しやすいので気をつけなくてはいけません。うみが出ると治ることが多いのですが、重症化することもありますのでなかなか治らない場合は眼科で一度見てもらいましょう。

まぶたの裏が白っぽい: 貧血気味です。全体の血液量が不足している状態です。お医者さんに内診してもらうときにはまぶたの裏を見ますよね。あれは貧血ではないかどうかを判断しているのです。女性は男性に比べると貧血になりやすい傾向があります。毎月の生理や、妊娠期間中、ダイエットによる食事内容の低下や栄養不足などが原因です。動悸や息切れ、めまいや頭痛、全身の倦怠感、疲れがとれにくいなどさまざまな症状がありますがどれかでていたら貧血で間違いありません。「大豆」や「ほうれん草」「のり」などを心がけてとることをオススメします。さらには「ビタミンC」サプリを飲むことで、貧血防止に効果的と言えるでしょう。

SANKO ビタミンCサプリ (お徳用)

いかがでしたか?デスクワークの際には、自分が思っている以上に目に負担がかかっています。30分に1度くらいは目を休める小休憩をとり、意識的に瞬きをするように心がけましょう。ほかにもラッグストアでビタミン入りの点眼薬を購入して、目に栄養を与えてあげるのも効果的です。体の不調は目の疲れが主な原因といわれるほど体の不調は目から来たりします。目は健康状態を表す鏡のような存在です。もし痛みを伴う不調が起きた時は目の疾患の可能性があるのですぐに眼科に行ってくださいね♪一生使う大事な目ですから大切にしてあげてほしいのです。体の不調や少し疲れを感じたら、まずは目の状態をチェックしてみてください!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket