LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hiyashibiyou0

最近暑いですね外にいるだけで汗をかいてしまいます。皆さん汗でのメイク崩れは大丈夫ですか?汗はメイクの大敵です。汗を書いているとメイクをしようとしても下地がぬれなかったりよれたりした経験はありませんか。そんなことの多い次期におすすめするのは冷やしてケアする「冷やし美容」です。メイクをする前のスキンケアでお肌を冷やしてあげることで、毛穴をキュっと引き締めてメイクの崩れを防ぐことができます。たとえば、化粧水を冷蔵庫で冷やしてから使用するだけでも簡単に冷やし美容ができます。さらに効果として化粧や日焼け止めが肌に残るようになるため紫外線による肌へのダメージを軽減できるメリットがあります。今回はその冷やし美容について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

夏の毛穴は1.5倍になります

各室温で、一定以上の大きさに開いた毛穴の数を測定したところ、8度から35度にかけて約1.5倍の毛穴の増加が。35度ではさらに大きく開いてしまっている毛穴も見受けられた。
また、8度から20度にかけての皮脂量には変化は見られないものの、35度での皮脂量は2倍以上に。この皮脂量の変化が、「皮脂テカリ」となり、さらにメイク崩れの原因の一つとなっている。

出典: prtimes.jp

 

冷やし美容とは

hiyashibiyou3

夏やお風呂上がりなどで温度の上がった肌を冷やす美容法です。冷やすことで汗の分泌を抑えて毛穴が引き締まります。暑さで開きっぱなしになった毛穴を小さくして目立たなくする効果もあります。化粧水や美容液を染み込ませた冷えたコットンなどを肌にはるため美容としての効果も高いです。また一時的に肌を冷やすことで血流を促進させ肌のターンオーバーに良い効果を与えるとされています。最近では冷やして使うコスメも登場しています。ただしエアコンなどの冷房で冷やすのはダメです。汗がひく感触で気持ちが良いかもしれませんが、冷たい風によって肌の潤いは奪われます。

 

肌を冷やす3つのメリット

hiyashibiyou2

暑い夏は汗をかき皮脂もでてくることで化粧やファンデーションが崩れます。当然日焼け止めも取れるのでいつのまにか日焼けしてしまっていたというトラブルが多発します。汗が出てくるのでタオルで汗を拭いているとほとんど肌には残りません。肌に一番ダメージがあるのはなにか知っていますか?実は一番は紫外線による日焼けです。また、朝メイクをする前には、肌を冷やして引き締めておきましょう。

1.メイクののりやもちがよくなる

毛穴を引き締めると汗や皮脂が毛穴から出てきにくくなります。毛穴が閉じるからです。そうするとメイクののりやもちが良くなります♡せっかく化粧したのに汗でいきな崩れるということがなくなります。

2.潤いをキープできる

冷やし美容で肌を冷やし肌温度を下げると、暑くてひらいていた毛穴を小さくして引き締めることが出来ます。そうすることで化粧水などの潤いをぐっと肌奥に引き込ませることが可能になり潤いをキープできます。

3.透明感のある肌に

肌を冷やすと血液のめぐりがよくなるために明るく透明感のある肌になります♪メイク前は、肌を冷やしてしっかり毛穴を引き締めましょう。

 

簡単にできるコットンパック

hiyashibiyou1

すごく簡単にできる方法として、コットンを冷やして肌にはる方法があります。これはコットンではなくタオルでもいいですよ。保冷剤や冷やす専用のタオルなどを使用する方法もいいでしょう。氷水にコットンをつけて自ら出すときに軽く水分を絞ります。そのコットンに化粧水を染み込ませて肌に貼ります。そうすうることでひんやりとしたコットンによって肌の温度が下がり毛穴を引き締めて化粧水やメイクが染みこむようになります。

とくにメイクする直前に冷やすと効果的です♪目安は3〜5分で肌が冷えてきたのが感じてきたらオッケーです。ぬるくなってきたら再度冷やします。パッティングと言われて、パンパンたたいている人がいますがこれはよくないです。コットンに化粧水を染み込ませて、軽く押さえていくような感じでやってみてくださいね。

 

昼に実施すること

昼間は気温も高いことから皮脂や汗が浮いてきます。そのようなときはメイクした肌の上からミスト化粧水を吹きかけます。すると気化熱で肌の温度が下がり浮いた化粧やファンデーション、皮脂を抑えて保湿もしてくれます。このとき注意することは、肌の上に水分が残っていると、蒸発して乾燥してしまうため肌についた化粧水をそのままにしないことが大切です。

 

夜に実施すること

お風呂上がりは肌もほてっていますので冷蔵庫にいれておいた化粧水をコットンに染み込ませて軽くパッティングするといいでしょう。肌が冷えてほてりがなくなればオッケーです。肌が冷えた後は化粧水を手にとって常温にあたためてから顔につけていきます。実は化粧水が一番肌に浸透する温度は常温なのです。

 

いかがでしたか?メイク中は冷やしタオルを首の後ろにあてておくと汗をおさえ、ベースメイクの崩れを防いでくれるのでおすすめ裏ワザです。冷やし美容をうまく取り入れて肌のトラブルを解決し暑い夏を乗り切りましょう♪

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket