LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iphone-limit7gb-00

月末が近くなるとiPhoneの通信料が気になる人も多いのではないでしょうか。主にどのキャリアも月に7GBを超えると通信速度が制限されるようになっています。実際に通信制限されるとあまりの遅さにページ一枚開くのに何十秒も待つ必要が出てきます。今回はiPhoneでの通信料を簡単に確認する方法と通信制限がかかったらどうなるのかをまとめておきます。

 

スポンサーリンク

 

iPhoneの通信料を確認する方法

確認する方法はけっこう簡単です。設定画面を開き、

モバイルデータ通信をタップします。

iphone-limit7gb-01

モバイルデータ通信の画面で現在の期間の項目をみると実際に使用した通信料を確認できます。しかしこれはリセットするまでの通信料の合計なので毎月、モバイルデータ通信の使用量をリセットしておけば問題ありません♪

※リセット方法「設定」⇒「モバイルデータ通信」⇒最下部「統計情報のリセットする」

 

iphone-limit7gb-02

なんか通信料遅くなったと思ったら一度確認してみてくださいね♪

 

通信料制限されたらどうなるの?

制限されると下の画像のようにものすごく遅くなります。通常はDOWNLOADのゲージはほとんど振り切ります。通常の通信の何百分の1という遅さなのでものすごく遅いです。

iphone-limit7gb-08

そもそもなぜ7GBなのかというと普通のユーザーのほとんどが月7GBも使うことなく通信ができていた実績があるからです。通常の通信の何百分の1という遅さなのでものすごく遅く、かなりのストレスが貯まります。

iphone-limit7gb-00

たとえばソフトバンクの場合は7GBを超えたら通信速度が128kbpsに制限されます。さらに、1Gバイト/3日間超過時(各社共通)には速度制限が行わますのでものすごく遅くなります。実際に速度制限をなんどかされましたが1MB のウェブページを開くのに1分以上もかかっていました。遅い!下記の設定を行っておくと通信料を抑えることができます。

  • 「設定」⇒「iTune & App Store」⇒「自動ダウンロード」オフ
  • 「設定」⇒「iCloud」⇒「書類とデータ」⇒「モバイルデータ通信」オフ
  • 「設定」⇒「モバイルデータ通信」⇒「モバイルデータ通信を使用」欄の一部アプリ

主に制限がかかってしまう要因として、動画を見ていたり、テザリングをしていたりするのが主な要因です。youtubeであれば標準画質の場合は7GB制限かかるまでに約6〜17時間分の動画を見ることができます。高画質であればこの1/3の時間で7GBに達することになるのでけっこうあっという間です。動画を見るときはWi-Fiをできるだけ使用するようにしましょう♡甲子園なんてみているとあっという間に制限値に達してしまいます。

 

通信するアプリを制限する

iPhoneにはアプリごとにモバイルデータ通信を使うかどうかを選択することができます。

設定画面からモバイルデータ通信 -> モバイルデータ通信の使用量の部分でアプリごとにモバイルデータ通信を使うかどうかを切り替えましょう。オフにした場合はWi-Fiのみで通信するようになるのでデータ通信量を節約できます。

iphone-limit7gb-03

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket