LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gold-hander2

生きていく上で大事なルールは支出を収入より多くしないということです。これは財産(貯金など)を増やすために最も基本的であたりまえのルールですが、人間は欲深いものなので手元にお金が増えてしまうとついつい収入を超えた支出を発生させてしまいます。一時的であればよいのですがたいていは裕福な生活をすると元の生活には戻れなくなるため最終的には節約生活をすることになり、お金をためることができなくなります。

 

スポンサーリンク

 

もし、支出が収入を超えると、自由度がなくります。例えばお金があれば選択肢があるようなこと。旅行先だったり旅行プランだったり賃貸の部屋だったりいろいろなことに自由度がなくなり拘束されます。これはよほど貧欲でない人でない限りだれでもそのようになるということがわかっています。

gold-hander1

これを『The Simple Dollar』の著者Trent Hamm氏は「金の手錠」現象と呼んでいます。いろいろなところで取り上げている有名な話になります。

人々は高収入の職に就くと、大きな家や素敵な車を買う「余裕がある」と思ってしまい、ローンで購入するのですが、これにより莫大な住宅ローンの支払いと車代の支払いを強いられることになります。

そうすると転職を選ぶことは極めて困難になり、それまで以上に失業を怖れるようになります。

将来柔軟性のある家計を築こうとしている皆さんに対する私のアドバイスは、キャッシュ・フローを最大化することです。これは、収入と必要な支出との差額のことです。

 

これから一つ言えることはたまにの贅沢をしてはダメということではありません。自分の財力や財産の範囲を超えての生活をせずに範囲内で生活していくことが重要であるということです。幸せな人生だったと後から思えるような選択をしたいものですね。自分が貧乏だと思った時には欲しいものに多くを出資している状態でないか確認してみてくださいね♪

 

よりよい人生のためにCutieCutieはあなたのお手伝いをします。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket